2018-04-14から1日間の記事一覧

封殺された「水色のほくろ」のために

10年ほど前、『モダニズム詩集 I』(鶴岡善久編、思潮社、2003年)についてかいた文があって、今日はそれを引っ張り出している。以下ではその当時の文と通信をとりながら、あらためて少しかいてみたい。 毀誉褒貶というよりはるかに、あらかじめ反省的なかま…