2018-06-07から1日間の記事一覧

「新幹線大爆破」(1975年)

作戦決行前のアジトで、沖田(高倉健)と古賀(山本圭)が会話をしている。劇中でこのシーンの身分は「回想」であり、なおかつ、語りの性質は「もしこれが成功したら」という犯人たちの未来の算段でもあるから、ここは、ねっとりとした(敗北の)抒情=予兆…