2019-05-30から1日間の記事一覧

秋元不死男・平畑静塔の10句抄出(『現代俳句の世界13』から)

驟雨が来波間の少女色かはる/秋元不死男『街』 神の指かくまで花を発しける/『瘤』 佛像を蟻の一匹出没す 蔦巻く家へ悲劇の方へ一歩づつ 霰打つ模型の鮨をめがけては/『万座』 優曇華をおおと穢む男かな ※穢(きたな) 風花の弔旗へさはれるを数ふ 滝鳴ら…