読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

verylight

アンソロジー

 線の育成を指し示されているような。さみしさのような。渾身の「おぱんつちょうだい!」ではありました。


空の食欲魔人 (白泉社文庫)

空の食欲魔人 (白泉社文庫)

 「月夜のドレス」。名前をちゃんと呼ばれない、てゆー。花のよーに広がって面白いもの。好き度で言えばみゃみゃ、みゃ、……あっ、「不思議なマリナー」の白河綾乃(最初から答えは決まってた)。


三国玲子全歌集 (群緑叢書)

三国玲子全歌集 (群緑叢書)

 君が見し鸛のまぼろしわれも見て葉ざくらそよぐ沼のへにあり  ※鸛(こふ)
 (三國玲子『鏡壁』p.298(『三國玲子全歌集』)、短歌新聞社、2005年)

 いつか貼った付箋をたどると「年久しく地底にありし竹簡の微かなる文字恋にあらぬか」(『蓮歩』)、あるいは愛の詞ですか。


 宇宙怪人と宇宙怪獣をしばらく混同していたそれは、遠ーい遠ーいぬるめら。


ビジュメニア

ビジュメニア

 向日葵を氷柱に見えたい夏にむっしっろっ聴きたいと思うのは今が秋だから? 「背高帽子が笑い出(パライド)しても」(http://twilog.org/kyollect/date-140220)。


ほとんど記憶のない女 (白水Uブックス)

ほとんど記憶のない女 (白水Uブックス)

 分析哲学っぽい人を食べたような例文、と言うにはトラベリングしすぎるつまさきでした。


デス博士の島その他の物語 (未来の文学)

デス博士の島その他の物語 (未来の文学)

 リトル・ティブが見ていないときにくるりくるりと回っていた。花はリトル・ティブのことを見ていた。みな顔を彼のほうに向けていて、リトル・ティブが目をやると、すぐに止まってしまうのだ。
柳下毅一郎訳、ジーン・ウルフ「眼閃の奇蹟」p.317(『デス博士の島その他の物語』)、国書刊行会、2006年)

広告を非表示にする