つまり読み手からの援護を請わずにかいていける場所を探したかった。あの手この手を尽くしてひとは書き手を援護できてしまうものだし、書き手も自分が読者から援護されているというサインをそこここから発見したがってしまうものだから。その上で読み手を意識することも忘れないでかくこと。自分の文の不用意さを見ぬいている「怖いひと」を意識するのをやめないこと。私のなかに「怖いひと」は具体的に何人か刺すようにいて、そのひとたちが事実読んでいるかどうかとかかわらず、視線にさらされることを拒否しないこと。できることならばそして、そんな「怖いひと」たちの鼻をあかしてみせること。