「Lucah: Born of a Dream」

 LUCAHの製品版がリリースされました。私の悲惨なwin7の32bit機でも問題なく遊べる新作アクションRPGという時点でありがとう、ありがとう……。とりあえず去年DEMOで進めたところをこえて今くたびれた無人の集落に着いたとこ。難易度は意地で下げずにNormal。Christian強かった。

youtu.be

store.steampowered.com

 トレーラー映像のサムネにも使われてるけどいつの間にこんな立派なテーマイラストが!ってびっくり。ちょっと媚び媚びすぎない? とても嬉しいけど。でもやっぱり画面ですよね、このゲーム。静電気でドローイングしたような魔術的線画。私は完全にこの画面の正しさに入れ込んじゃってるので冷静に言えないと思いますけど。Inner Demons, 内なる悪魔と言うにはときめかしい敵キャラクターたち。細かく揺れる風景。

f:id:charonmile:20180901172623j:plain

 感触もDEMO版から大きく変わってはないと思う。ビジュアルこそどこが?というくらい大違いだけどバトル部分の妙は「Hyper Light Drifter」的です、現代的に派手に省略表現駆使したエフェクトとか発動しっぱなしにはできないダッシュとか。つきそいのメカっぽいFamiliarさんもいますしね。ただRewindは相変わらず使いようが判んないですね。初見の敵でピンチになってもノーリスクで戦闘開始場面に戻るのがありがたみな筈なんだけど、そもそも死んでもノーリスクでチェックポイントに戻って経験値も減らないから……。同じことやり直すのがとにかくすきじゃない私と相性悪い。


 デベロッパーのひとりコリンさんのインタビュー。ゲームのビジュアルについての話、色づかいの話など。
newnormative.com