ないとうさん。ないとうさんが「かえみと」について語ってくださるのなら、そのときは私も読者のひとりにいるつもり。いつか読ませてくださいね。風のうとましさも、あたたかさも、知っているひと。