配信メモ

・チャンネル登録するだけして長く未見のひとというのも申し訳ないけどたくさんいてしまいます。とはいえ、いっぺんに半年分のアーカイブのどこからでも視聴できることが遅れてきた者にのみ与えてくれる特権もあって、これはしばらく前の話になるけれど海夜叉神さんの丁寧な構成だけどコチコチな「逆転神様」回を観た直後に、一気に飛んでごく最近の配信を観たんです。そこではふつうに笑っておられて、ああ、って思う訳です。そういうのもあっていいと思う、遅れてきたひとには。

・何度も見返してる配信は最近だとロボザレン。ザレンさんはいつもスペシャル。に決まってるんですけれど、ガクくんとのコラボで登場したロボザレンの小癪な受け答えはちょっとたまらないです(https://youtu.be/FKkELJanmEU)。ザレンさんがあらかじめ録音した自分の台詞をいちいち再生してガクくんと会話するんですけど、そうするとそのうちガクくんが気を遣いだすんですよね、ロボザレンに! 台詞ボタンを押して会話しようとする相手のタイミングを思いやることは、ふつうの会話とは違ってきますよね。そのなんとも言えないおもしろさ。社築さんが「にじさんじMIX UP!!」で披露してくれた「葛葉くんボタン」の場合、本人が一人二役的に操作権を握ってるのでそういうことはそもそもないんですが(台詞ボタン遊びの常習者らしい社さんをまだちゃんと追えてないのでその手さばきの移り変わりみたいなことは元より言えないんですけれど)。

・晴翔くんとケリンの「【ぶちとば!】宿敵「ケリン」とスマブラでガチ対決」(https://youtu.be/lSDkNFIF9VA)はねー……けっこう気持ち的に後に残る配信で。待ち望まれていたと言えばまあそうなんだけど、あんまりそういう気張った言い方も似合わない。じわーっと広がるやつで、私も仕事しながらこの配信を思いだしてふふっ……とよくなる。「さあ行くぅ」「さあ行くぅ。・・よく言うよな道明寺」というやりとりがあったけれど(晴翔くんのそれ拾ってくれて嬉しかったな!)、ケリンの「ああ」もあるじゃんと? あのー、「ケリンだ。ああ、」の調子とかだいすきですね。その「ああ、」ってなにさ、と。北園克衛における「あ論」ではまさかないにしろ、おめがシスターズの「うん論」とともに、いつかケリンにおける「ああ論」のようなものもかかれるのかも知れないと思う。

・エルセとさめのぽきさん、海月ねうさんといったひとたちはキラキラ。それはほとんど「創作系サークル」って単語がまぶしく放つキラキラに似たのとして私には届きます。もちろん勝手な思い込みですけれど。それぞれのオリジナルソング/ビデオの立ち上げ方にそうおぼえるのかも知れない。ぽきちゃんのTwitterはファニーなやりとりが多いのですけれど、「エルセはまだ きゅうでんで ねてる」とか「(最後・最期を「さいご」って表記されるとどうしても泣いちゃう」というツイートに対して)「君」より「きみ」がすき/やさしさにせつなさにあふれている」とか私は拾っていけます。

・海月ねうさんはお友達と「海鮮丼」って4人ユニットを組んでる。情報量いっぱいいっぱいで最初なんだかよく判らなかったんですけど(https://youtu.be/IXHUIdebw-o)。ねうさんがお友達3人の3Dモデルつくって、結果、みんなの絵柄がかんぺきにねうさん色に染まって動いてるの観ると、私けっこう胸がつまってしまって、いや私もコラボとかでみんなのいわゆる絵柄がバラッバラ状態なの大好物なんですけど、それはそれとしてこういうの泣いちゃう。海の底の小さな仲良しチーム。「【生配信】Happy Birthday To me」での海鮮丼の寄せ書きもばーっととりとめなくかいてばーっと去る学友感、すごくあったよね。

にじさんじシステムについて真剣に熱心にまとめてるひともいて(https://suke2434suke.hatenablog.com)。それは、すごい……と思うと同時に、私がそこで思い浮かべちゃうのは夕陽リリさんの初期の配信題「あなたの親愛なる未来人」「未来人は約束はしないさ」がバチッと一言で伝えにくる情感なんですよね。リリさん、私みたいなのからするとけっこう危ういとこを根に感じてしまって、お悩み相談で「幸せは自分で見つけるしかないんです」「私を言い訳に使いたかったら使ってもいいですよ」みたいなことをぱっぱっとしゃべれてしまう、ちからある言葉をそんなにも即答できていいんだろうか……でもそれが夕陽というひとなんだな、と受けとめたいけれど。リリさんの時間では私の耳のすませ方がいつも問われる気がします。ハピトリコラボで刀也さんに投げつけられた「お前、未来帰ったら死ぬほど墓荒らしてやっからな・・!」という華麗な修辞は、未来人リリさんだけのものですね。

・ということでSEEDsは意識的に追わないようにしてたんですよ(でびちゃんとかしばちゃんとかは覗き見しつつ)、でも観るとやっぱりいいものがある、くやしいけど。とチャイカさんから始まるOTN組コラボ(https://youtu.be/5CUM4g8JboA)をはしごしてた。誰かが物真似とかカーレースネタし始めるとみんな乗っかってくる、その乗り方の強度がすごいなと思います。ゲストの海夜叉神さん本人を前にしての、というか本人すら本人を真似する物真似多重奏がいきなり傑作でした。SEEDsはあと、Twitterとかでの二次創作漫画を通した掘り下げが印象的。

・局所的に「ふりーむの短編ノベルゲーム性」とでもいうようなにおいを感じさせるひとは何人かいて(薬袋カルテさんなど)、メリーミルクさん(https://www.youtube.com/channel/UCju7v8SkoWUQ5ITCQwmYpYg?app=desktop)はいつもそう思います。絵柄の質に対する感性の傾き加減とかあいまいなところでそう感じるだけなんですけれど。シアトリカルすぎない、でも喚起するものはたしか、という意味でシスター・クレアさんとの対談放送のOP・EDも光ってみえました。

・まりの歯さん。イヌージョンさんが紹介されてなかったら私もずっと知らなかったと思う配信者。お弁当をレンジで回しながら、あるいはやかんでお湯をわかしながら、つまり簡素なご飯を食べるための束の間の準備時間にもvtuber配信を観ることが当たり前になりつつあるとき、「かっこいいやかんでお湯を沸かす」(https://youtu.be/zz57miVW0rA)はそうした生活に食い込む配信とそれを受け入れる視聴者に対してのユーモラスな批評になってしまいます(木曽あずきさんなどもラーメンタイマーという言い方をとられるけれど)。