かなり歴史があるジャンルだと思うけれど、日本国外のYouTube配信者にとってひとつの潮流をなしていると思われるもので、聞かせてみた動画(Reaction動画)とでも呼べそうなタイプのものがある。私の見たところ、目立っているケースを挙げる。まず、過激さや異端性でもってマークされているジャンル音楽がある(多くはExtreme Metal)。そうした音楽を、ふだん嗜みのないひとびとに聞かせる。ここからショックや無理解、戸惑いといった情動の反応がつかみだされていく。
 思うに、こうした動画を構成する欲望はクリティカルなものだ。「徴候」どころではない・・・。一口に言えばこれは、「自分が昔びっくりしたものに他人もびっくりしてほしい」というものだ。初めて聴いたときものすごく衝撃を受けました、のアンコール&アンコール&アンコール・・・・。そこには(かつて過激な音楽を耳にして衝撃を受けた自分自身の)「初体験」という快楽を他人のからだを通じて是が非でも蘇生させたい、という動画投稿者や視聴者の夢が脈打っている。それは自分の「初体験」と他人の「初体験」を一挙に貪ってみたい、というグルメの夢でもある。その夢はもちろんつねに失敗するだろう。だとしても、他人が見せる驚愕の表情、戸惑ってもらすうめき声、失笑・・といった明らかに見てとれる反応群さえ拾えれば、それでけっこう満足される筈だ。同時に、他人が無理解を示せば示すほど(「どこがいいの?」「こんなの音楽じゃない!」)、ますます「一般人」にはゲテモノ扱いのジャンルをこれほど真剣に奥深く豊かに楽しめる術を心得ている自分やファンダムへの優越がくすぐられるという訳もある。

youtu.be

 上の動画では、(おそらく動画投稿者自身、愛好しているのだろう)過激な音楽を父母たちに聞かせ、そのリアクションを愉しむ(・・・)というものになっている。これと同種の趣旨で撮られた動画も、日々大量にYouTubeに投稿されている。自分の「初体験」と他人の「初体験」、そのズレを含みこみながらの共起・・・に耽溺することを悪いと言いたいのでなく、ただそうした欲望がファンの生成をめぐる風景には根底的な初期投資としてダイレクトに積まれているのではないのか。ジャンルを問わず。誰かを自分と同じくファンにしたいということや、ファンになりかけている誰かへの見守り・・・など。