一日だけのざくアク日記

なんといってもフリーゲームはタダで遊べるから気軽に薦めやすいよ、手に取りやすいよ。と、いうことはそのままフリーゲームを遊ばない怠惰な理由にもなりえます。いつでも遊べると思ってしまうから逆に手をつけられないでずるずる後回しにしてしまうことはよくあるでしょう。とくに人間の驚くばかりの気ままさを思えば、無料が有料に対してアドバンテージがあるとはそれほどうかつに思えなくなる。どんなにすばらしい作品でもタダでプレイできるせいでかえってほかに後れをとりがち、ということもあるかと思います。
そんなことを考えるとき、フリーゲームにおいてこそ、自分より先にそのゲームを情熱的にプレイしてみせた誰かの後ろ姿が必要となります。「ざくざくアクターズ」というゲームを省子さんがその熱心なファンの言語によって教えてくれなかったら、「おばけと魔法と」を桜井さんが予感的な批評のうちにかきこんでくれなかったら、私のフリーゲーム漁りもずいぶんぼんやりしたものになっていたろうと思います。


ざくアクがどんなゲームかはいろんな言い方がとれるかと思いますが、私にとっては「何度最初からプレイしてもちっとも苦じゃないRPG」という言い方になります。今進めてるセーブデータ放棄してまたいちからやってよ、と言われても、いつでも喜んでやり直せてしまう長編RPG。そんなゲームがあるのはほんとうにすごいこと・・。


ざくアクに戻ってきました。ひとつのきっかけは、バトルオブマオをとうとうYouTubeで聴いてしまったから。これずっとゲーム本編でマオちゃんに会って聴くまでがまん・・!してたんだけど、YouTubeでmozellさん自身があげてたざくアクmozell曲メドレーの存在に気づいてうっかり聴いたらとまらない、そのままバトルオブマオ流れちゃって、わ、まだこんないい曲が・・・!?(主旋律の音色選択に感動しました、ひんやりした水が伝ったような木琴?みたいなの)と。何周遅れ??ですけど。そんな訳でまたプレイ再開です。だから、曲をゲーム内で聴きたくてというのが今回は大きいかな。
ざくアク、もちろんmozell作以外にもいい曲たくさん詰めこんでると思う(季節外れのSnow Snowとかさ)、それは自分のゲームに必要な曲を確実に選びぬいてくるはむすたさんの強肩を証しているということでもあるけれど。でも、ひとりの外部のコンポーザーとやっぱりこんなに情熱的にひとつのゲームが共鳴してるところを見せられると強いなあとは思う。貝がら峠みたいな曲を最後に流せたらなー!と誰しもが妄想する筈だけど、それがゆるされるゲームもそうはない訳です・・・。貝がら峠は、ざくアクコラボカフェの動画内でも使われてた気がしてそれの印象も強いです。


水着イベントは一章終えましたが漠然と思ってた印象と違って、新鮮でした。
まずエステルさん。ひとりで部屋に起きだし、自分がなぜか水着でいることをいぶかしんでいるときのエステルさんの語り口に、わ、となります。なんでしょう、ひとりでいるときのエステルさんの話し言葉ってフェミニンさの層をくぐって届けられているのをいつもより意識させられて少し驚きます。立ち絵があることも影響してるかも。でもすぐあとにメニャーニャさんと再会するときはあんな話しぶりですので、そういう流れも新鮮です。
メニャーニャさんの「シノブさん/シノブ先輩」混合呼びに、私のほうでもんふ・・・・となってるとエステルさんからツッコミ入るのはさすが~、という感じ。
イベントの首謀者相手にシノブさんのSがかいま見えるのもよいです。


まんが肉(HP最大値+24だったかな)みたいな補助アイテムがぽんぽん落ちてるとさすがにだいぶプレイしてきたのかな、という思いにとらわれますが、マリオンさんにもマオさんにもこてんぱんにやられるので先が長い。マリオンさんの最終段階の打撃、クリティカルで6万DMG台なんですが防御でどうこうできる気がしないので回避方面にもってくべきなのかしら・・・。あんまり攻略法見ないでやってみたいけど。
マオさん椅子に座って相手をしようと言いつつ、バトルアニメーション上では律儀に下におりてきてアクションしてくださるのがかわいい。と思ったらざくアクwiki情報では、最初の段階では椅子に座ってるから足技はなしで、ちゃんと手を使ったアクションしかとらないとかかれててへー!だったり。


f:id:charonmile:20190722200334p:plain

最近の我が前衛。柚葉さんが私の気持ちのなかにここに来てぐいぐい割りこんできたのは意外な動きでした。今はここからもっとLv上がって200近い。後衛はデーリッチ、ドリントル、イリス、ローズマリー。事前に見てて眼が点になってたけど水着のマリーめちゃくちゃ破壊力ありました。マリーすてきすぎる~・・・。



魔王タワーの天国ゾーンは「天使のうつわ」みたいだなあ・・とちょっとずきっとしながらも愛しく見てたんですが、拡張するとまさか!というひとが遊びに来たりして少し泣いちゃう。
水着イベントとあわせて、いい悪いでなく、はむすたさんのファンアート観のようなものにふれる気がしています。あなたのなかの彼女とあなたではない彼女とが顔をあわせることさえここでは可能になるようです。



f:id:charonmile:20190722200824p:plain

🔥クラマ🔥・・・みたいな感じですかね・・! アイスコーヒーとともに昔意味がぜんぜん判んなかったかぼちゃカレーも今はすきになりました。


f:id:charonmile:20190722195607p:plain

魔王タワーもまだまだ新しいギミックが登場してにぎやかです。この画像がでたときはくつくつ笑いがこみあげてしまった。絶対失敗するわーと思いながら任せる選択。ゼニヤッタちゃんを信じきれなかった私・・・・(ちゃんと罠は解除してくれました)。